ファンが待ちに待った「桃太郎電鉄」のシリーズ最新作ですが、キャラクターデザインや音楽は随分と様変わりしそうな点が怖いです。

年末に親戚の子供たちが集まってプレイすると言えば、昔から決まって「桃太郎電鉄(桃鉄)」シリーズでした。もはや不動の地位に在りましたよね。

しかし、総監督のさくまあきらさんが、ハドソンを吸収合併した会社の社員たちとの間に軋轢を生み、2012年に発売された「桃太郎電鉄TOKAI」を最後にシリーズの開発を一旦終了宣言。

その後、東日本大震災を機に「桃太郎電鉄 東北復興編」の構想が完成していると発表。2017年にニンテンドー3DS「桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!」で復活を果たすも、やはり「大画面でプレイしたい」という要望がファンの間では多数挙がっていました。

ですから、今回の発表はかなり嬉しい人も多いハズ。

タイトルは「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」に決定したようですが、時代に合わせて(老害は去るべき)という理由で、キャラクターデザインや音楽は一新されるそうです。

・2020年発売予定の 「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」 は、単発の作品ではなく、シリーズの復活と捉えてもらって構わないとのこと。キャラクターデザインは「ぷよぷよフィーバー」の竹浪秀行さん。音楽はなんとヒャダインさん。

全貌はまだ明らかになっていません。開発の進行度は、現段階で20%と言われています。

随分とキャラクターデザインは変わりそうな点が怖くもありますが、先の未来へ桃鉄シリーズを繋ぐことのほうを優先した英断だと思われますので、あとはプレイする世代もシッカリ引き継がれることですね。

昔懐かしい思い出に浸りながらプレイする私と同年代前後の皆様は多いでしょうが、果たして若い世代が興味を持ってくれるのか否か? 是非とも楽しんでもらいたいものですけどね!

スポンサーリンク