「くにおくんの三国志だよ全員集合!」はおじさん世代ならたまらない「時代劇」の発展版。しかもハクスラ要素も!

ビッグタイトル並ぶクリスマス商戦の中で密かにおじさん世代をワクワクさせていたのが、2021年12月16日発売が発表されていた「くにおくんの三国志だよ全員集合!」です。私もだいぶ前から予約し、絶対に日付け変わって発売日即でプレイ開始しようと決めていました。

この前身となっているのは1991年、つまりちょうど30年前に発売された「くにおくんの時代劇だよ全員集合!」ですが、くにおくんシリーズを好み遊んできたならば絶対に「熱血行進曲」と同様に通った道のはず。

お友達の家にお泊まりした時に2人プレイ、お口ぽかーん状態で長時間遊んでいた記憶があります。

今作も同じように遊ぶ人が居るでしょうし、親子でプレイする人も居るかも? オフラインでもオンラインでも協力プレイができます。ですがどちらかと言えば、ソロプレイでやり込む人向けにシステムは改変されていると思ったほうが良いかもです。

三国志の舞台は「黄巾の乱」から「赤壁の戦い」までを全6章に分けた感じで、その過程で登場する人物にくにおくんシリーズのキャラが割り当てられています。ストーリーももちろん、くにおくんシリーズっぽく脚色され、期待を裏切らないハチャメチャさです。

しかも、選択によって変動する名声値が0以下か、200以上か、その間にあるかで、ストーリーは分岐します。

注目はシステム。時代劇の古き良きアクション戦闘を引き継ぎながらも、装備がステータスに与える要素はハクスラ系の厳選する楽しみを取り込み、三国志らしいド派手な計略も採用。

おかげでだいぶ発売直後はバグが残っていましたが、アップデートによって無事改善。今は致命的なバグも殆ど残っていないはず。私も直で開発のアークシステムワークスへ装備に関するバグ内容を報告し、動画でも特集したところ、その開発者らしき一人がチャンネルへ遊びに来てくれました。

本編は最高難易度「熱血硬派」の全ボスまで倒せるようになり、あとは装備品の厳選に納得いけば終わりですが、そこまでにはかなりの時間を要すると思います。じっくり楽しむのもアリだと思いますので、ぜひぜひ昔を思い出しながらハチャメチャに遊んでやってください(笑)

ただ、本編が終わってもまだまだ遊ぶ要素はあります。おまけモードの「三国英雄録」です。

レトロなゲーセン感覚で遊べるベルトスクロール型のアクションですが、本編よりコチラの難易度のほうが、ソロプレイだと難しく感じる人も居るかと。選択できるキャラの数は本編をやり込むほど開放されますので、自分のプレイスキルと合致するキャラを見つけましょう。

じっくり攻略したいプレイヤーに向けて、再生リストを作りました。

私は元々急いでクリアを目指すタイプではありませんが、その分だけじっくりと攻略サイト代わりのような感じで動画を収録しております。動画の概要欄もまた、そのようなつくりを意識しました。下記の再生リストから「くにおくんの三国志だよ全員集合!」を効率良く攻略できますので、ぜひ参考にしてみてください。

FAN FUN FILE !!! 「くにおくんの三国志だよ全員集合!」再生リスト

ですが、攻略サイトのように動画づくりするのは疲れます。

今後プレイしていくゲームは、もっと自分の楽しむ姿をラジオのような感じで聴いてもらえるよう意識していきたいと思っています。友達がプレイしているのを横からツッコミ入れるような感覚で楽しんでもらえるチャンネルづくりができれば幸いです。

スポンサーリンク